ページ内を移動するためのリンクです。

亀すし 総本店 大阪東梅田の寿司・居酒屋

いつもありがとうございます

昭和29年の創業以来、厳選したマグロを始め、
季節の食材で皆さまを心よりお待ちしております。

中央、黒門の市場や専門店へ日々足を運び、
皆さまの喜びと満足のために、美味しい鮨をお届け致します。

お品書きMENU

にぎり盛り合わせASSORT

TUNA

季節SEASON

小鉢BOWLS

あかさたなAKASATANA

あなた好みに握ります。

通常にぎりのメニューは1種類で2貫ずつ提供しております。お一人の方や、いろいろと種類を楽しみたい方、ちょっとつまんで行きたい、という方には、それぞれのご予算やお腹の空き具合に合わせておまかせでにぎります。お好みのネタや苦手なネタなどを伺いますので、どうぞお気軽にお声がけください。

かくれた逸品、お見逃し無く。

毎日市場に足を運んでいますと、魚介以外にも美味しそうな食材と巡り会います。メニューには書かれていない、その日だけの小鉢ものなどもご用意しております。こちらからお薦めすることもございます。また、数量に限りがございますので、品切れの際は、どうぞご了承下さい。

最高級、ではございません。

希少なだけで高価な食材を提供することはいたしません。幅広いお客様に、毎日でも足を運んでいただけるよう、上質の食材を吟味して仕入れております。一時の満点でなく90点台の高い合格点、上質の状態をキープすることが大切だと考えております。

食べ方に決まりはありません。

脂濃いネタの後に淡白なものを食べると、繊細な味が分かりにくい、という点では、ネタ選びの順序があるかもしれません。ですが、その瞬間に食べたいものを食べる、ということが「美味しい時間」を過ごして頂ける最大のルールだと考えております。塩や薬味など気軽にお申し付け下さい。

ナンボでご満足ですか?

当店では、料理やネタの値段によって、色分けされた札をご用意しております。品物をお出しする度に、お客様の前に置かれた札かけの台に、一枚ずつその品の色札を刺していきます。会計上の都合から生まれた札ですが、「今、どれだけ食べたかな」という目安にもなっております。

街の推薦人RECOMMENDER

大衆のための、
ご馳走であり続けること。

鮨の発祥は、屋台と言われています。大衆のファーストフードの元祖とも言える鮨が、今や高級食となり、繁華街にも郊外にも店を構える時代になりました。それでも本来、鮨は大衆の食べ物であるはずだ、と思っています。学生時代には日払いのアルバイト料を握りしめ、ここで使い切る覚悟でお店の暖簾をくぐりました。見事、使い切れずに嬉しい返り討ちに合う訳ですが、大の大人になっても、その時に感じた「値打ち」は忘れません。鮨の楽しさ、満足感は「旨いもんでお腹を満たす」という食の原点に直結しています。これから先も、亀すしで鮨を食べるたびに、きっと物の値打ちを考えることでしょう。

食ライター曽束政昭(そつかまさあき)

関西の酒場と西日本の旅取材を重ねて20年以上のフリーライタ—。著書に「1泊5食」(京阪神エルマガジン)他。

店舗案内SHOP

亀すし総本店
所在地
〒530-0057 大阪市北区曾根崎2-14-2
TEL
06-6312-3862
営業時間
12:00〜22:30
亀すし本店
所在地
〒530-0057 大阪市北区曾根崎2-10-26
TEL
06-6311-2528
営業時間
12:00〜22:30
地下街からお越しの方
泉の広場M-13を上がり、左出口から地上に出て、まっすぐ南へ20m 曾根崎中洲通り入ってすぐ。徒歩1分
JR大阪からお越しの方
曾根崎警察署、旭屋書店から東へ50m 曾根崎中洲通り入って新御堂筋手前です。徒歩3分。